英会話を学んでいる人へ勧めるtoeic受験

近年グローバル化によって英語の勉強を始める人が増え、英会話教室に通ったり、英語の資格取得を目指して勉強している人が多くいます。その英語の資格には中学生や高校生といった学生がよく受ける実用英語検定や海外留学に必要なTOEFLもありますが、今一番多くの人が英語の勉強を行う際に一つの目安として学習に取り組んでいるのがtoeic(TestofEnglishforInternationalCommunication)です。このテストはほかの資格と違いボーダー以上の点を取れば合格というものではなく、5点刻みの990点満点で点数が計算されるテストです。すなわちテストの点数そのものが資格として扱われるので、受けた時点で履歴書等に書くことが出来ます。続いてはどのくらい実用的であるのか説明したいと思います。

英会話の勉強はtoeicの勉強になるのか!

今現在英語を勉強している人にとって、試験に向けて勉強するというのは勉強のモチベーションを上げる一つのきっかけになります。toeic試験は各495点満点のリスニング試験を45分間、リーディング試験を75分間受けその合計点がスコアとなります。英会話を勉強している人は英語を喋る、聞くを重点的に勉強しています。実際の試験にスピーキング試験はないのですが、普段勉強していることをそのままリスニング試験に生かすことが出来ます。また普段喋る、聞くの勉強をしているときれいな文法や難しい単語を勉強する機会は少ないです。しかし実際に資格勉強を行うと普段の勉強では重きを置かない文法や単語、語法などを勉強するようになり、英語学習の効率が飛躍的に良くなると言っても過言ではありません。

必要とされる英語力は特にビジネス英語!

普段の勉強ではあまり難しいことは勉強しないため、いざ勉強した英語を生かそうとしても新聞など実生活に必要な物が難しくて読めない、英語でニュースを見ても聞くことはできるが知らない単語が多く内容が全く理解出来ないといったことは充分に起こりえます。しかし試験で読む英語は企業の高校やビジネスメールなどの文章であるため、試験勉強を行うと必然的に日常英語だけでなくビジネス英語の勉強を行うことが出来ます。またリスニングの内容もラジオCMの内容や対談形式、ビジネスでの電話対応などが内容に含まれるためより実践的な英語を勉強することになります。今まで日常的な英語を学んでいる人ならば、それに加わり実用的なビジネス英語を学ぶことで実際に使える英語力を得ることが見込まれます。