英会話を上達させるならtoeicを勉強しよう

ビジネスや旅行などに行った際に英語を使うことはよくありますが、なかなかスムーズにコミュニケーションをとるのは難しいものです。学生時代に英語を何年も勉強していても、書くことはできても英会話となるとなかなか出来ないという人が多いです。ライティングとスピーキングはやはり全然別のもので、実際いざ使うとなるとライティングではなく話すことが大半なのでコミュニケーションの手段としては英会話を上達させた方が便利です。日本語以外に英語も話せれば海外に行った時にかなり便利なので、就職してから英語をまた勉強する人もたくさんいます。そんな人におすすめなのは、英会話のスクールに行くのももちろんいいのですがtoeicの勉強をすることです。スピーキングの分野を学習しましょう。

toeicのスピーキングの内容とは

なぜ英語をまた勉強しようと思った時にtoeicなのか、というととても基本的な会話のパターンが網羅できるからです。実際に英語圏の人とコミュニケーションを取ろうと思った際に、私たちはあまり難しい文法は使いません。基本的な文法だけで、十分な会話が可能なのでいかにそれらを定着させるかというのが大事なポイントになります。スピーキングはリスニングをした上で答えを選ぶ形式の問題が大半です。スピーキングに苦手意識を持っている人の大半は、リスニングが苦手という人が多いです。そのため、耳を慣れさせてこれを言われた時にはこうやって返せばいいんだ、というふうに勉強していくのがとても効率がいいです。リスニングでは男女の声で話がされるので、発音などの勉強にもなります。

具体的にどうやって勉強するの?

まずは関連の勉強本を購入して、付属のCDなどでしっかりリスニングの練習をしましょう。実際にしゃべるときにはそこまではっきりと発音してくれないことが多いですが、大抵使われる文法に慣れることができるのでリスニングが怖くなくなります。それから、練習問題をひたすら解いていきましょう。数をこなすことがポイントです。できるだけたくさんの問題を解くことで英語になれることができます。そして、間違えた問題は徹底的に復習しましょう。もちろんライティングにも自信がないという人は平行して勉強を進めるのがおすすめです。トイックは高いスコアを持っていればいろいろなところで優遇されるので、試験を受けてスコアをとっておくと便利です。意外とシンプルに上達させることができます。