先に身につけるべき英語能力、英会話とtoeicの関係

英語学習をする人たちにとって、「最終目標が何か」ということはとても重要です。英語と一口に言っても文学作品を書くこと、専門用語が飛び交う重要な会議で発言すること、また人を笑わせること、これらに必要とされる能力は全く別方向を向いていますし、英語圏のネイティブでも全部をこなせる人はいないでしょう。当然、英語で自分が何をしたいのかをはっきりしていたほうが目標に近づく効率のよい学習ができます。多くの英語学習者が漠然と「英語ができる=ペラペラと流暢にネイティブと会話できる」と考えていると思います。そのため英会話を習おうとスクールの戸を叩く方が多いでしょう。最終目標が人との日常会話のみであればそれは間違っていませんが、ある程度英語で仕事をしようと思うなら、英会話レッスンの前にある試験で高得点を目指すのも一策です。

基礎の英語力が問われるtoeic

日本で受けられる英語能力の試験はいくつかありますが、中でもtoeicがおすすめです。一部に、この試験で高得点を取っても英語はしゃべれないじゃないか、こういった意見も耳にします。確かにこれには一理あって、基本的にリスニング問題と長文を読んで四択で答える試験ですから、英文を書いたり英語で話したりのアウトプットの能力は測れません。しかし、多くの企業がtoeicの点数をビジネスでの英語能力の物差しとして採用しているのには理由があるのです。それは、この試験では英語の基礎能力が測れるという点。基礎さえしっかりしていれば、その後改めて専門分野で教育した際に、会話であれ文章作成であれ順調に伸びていくからです。では、基礎能力とは具体的になんなのでしょうか。

英語の基礎力をつけるための一里塚

英語の基礎能力とは、当たり前のことではあるのですが「文法」と「単語力」です。文法をしっかり理解せず会話から入ってしまう人は、聞いたことのあるフレーズを真似てしゃべるだけなので日常のコミュニケーションは取れても厳密な伝達(仕事上、あるいは法律上の手続きなど些細なミスが許されないもの)は苦手とします。また日常必要としない単語もビジネスシーンでは出てきますので、自然に会話の中で覚えるのではなく、試験で高得点を取るという目標を立て、それをモチベーションとして勉強をするのが単語力を上げる近道です。文法と単語力がしっかりと身についてから英会話を習った場合、あとは慣れと会話特有の反応のスピードを習得すればいいだけなので、非常に早く学習が進みます。急がば回れの言葉通り、英語で何をするにしてもまずはペーパーテストで高得点を狙うことを最初に考えてみてはいかがでしょうか。